オーディション

23/29
2067人が本棚に入れています
本棚に追加
/100ページ
「…ルイ」 「ん?」 ルイは俺がいきなり呼び掛けたことに少し驚いた顔をしたが、それも一瞬のことで直ぐに俺の話を聞く体制になった。 「どーした?」 「いや、ルイってさ…歌手としても活動してんだよな?」 「え?あぁ、そうだけど……って、まさか」 最初は、俺が何を言いたいのか分からない。という表情をしていたルイだが、直ぐに俺の考えに気付いたかのように、ため息を吐いた。 「ルイ、何か歌って」 「はぁ、やっぱり…。 …分かった。じゃあ、ちゃんと聞いとけよ?」 「悪いな」 俺達のやり取りを見ていた他の審査員の人達は、何が何だか全く分かっていない様子。 「♪―…」 そんな中、ルイが歌い出した。 へぇ… さすが歌手として活動してるだけあって、上手いな。 曲は少しバラードっぽい曲調で、ルイのバスとテノールの中間位の声に良く合っている。 .
/100ページ

最初のコメントを投稿しよう!