何やってんだ、俺

5/5
7812人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
この期に及んで佑茄の夢を見るなんて……。 シャワーで頭を冷やしながら、夢で見た映像を思い返していた。 ただの夢なのに、思い返してまた熱くなる。 そんな自分に嫌気がさす。 自己嫌悪。 罪悪感。 もう何年も思い出した事なんてなかったのに。 「アイツのせいか……」 神栖弥生。 「惑わされすぎだろ。俺」 風呂から出ると、みくにメールを送った。 『ごめんな。俺どうかしてたわ。みくの事愛してるから』 繕うような台詞を後悔したのは、間もなく送られてきた返信を読んだ後だった。 『私だって萩原一弥を愛してるよ。だからちょっとは信用してね』 みくは、今だって十分にひたむきな愛情を注いでくれているのに。 「何やってんだ、俺」
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!