変わらない想い

2/5
43141人が本棚に入れています
本棚に追加
/395ページ
「アークライト。ずっと好きだったんだ。俺と付き合ってくれ!」 真剣な表情で私に告白してくる男性。 しかし私は、またか……と思っていた。 彼……クラッドがいなくなってから私に告白してきた人数はこれで5人。 チャンスとばかりに迫ってきたこの人達に、私はイライラしていた。 だから私の台詞はいつもこうだ。 「ゴメンなさい。恋人がいるから」 それだけ言い残して立ち去ろうとすると、焦ったような声で呼び止められる。 が、私は止まらない。 すると、 「恋人ってクロムウェルだろ?」 私の足が、止まった。 「……そうですけど」 振り向けば、彼にはもう焦った様子はない。 代わりにあるのは、余裕の笑み。 「アイツは死んだんだろ? ニュースにはなってないけど、この学園じゃその噂が流れてるぜ?」 ――拳を握り締める。 「クラッドは死んでない」 「だったらどうして帰ってこないんだ?」 ――唇を噛み締める。 「それは、何か理由があって――」 「恋人にも伝えずに? なら猶の事、そんな男なんて捨てて俺と付き合えよ」 ――でも、我慢の限界。  
/395ページ

最初のコメントを投稿しよう!