下弦の月

その時々の想いの内の…いくつかの届いてもいいもの

0 0

2分 (917文字)

あらすじ

素直になれなかった自分は、やっぱり終わってからも素直にはなれなかった。砂を噛むような想いは、時々は前に進む気持ちの邪魔になるけど…。もう二度と同じ想いはしたくないから、形にしました。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2007/3/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る