出会い。

23/24
281717人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ
だけど 好きになってしまった気持ちの裏で 同時に純くんの気持ちはどうなんだろう、という 不安も芽生える。 毎日毎日一緒にいて 純くんは相変わらず優しくて うぬぼれてしまいそうなだけに、尚更 これが壊れてしまったらどうすればいいんだろう、と そんな不安は日々大きくなっていた。 失いたくない、という気持ちが強かったんだと思う。 だからこそ 好きだなんて、とても言えなかった。
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!