爺、転生

6/7
2877人が本棚に入れています
本棚に追加
/214ページ
「な、何を言っているのかな?シゲちゃん」 「もう演技しなくても良いよ、ゲンちゃんじゃ無いんだろう?」 苦笑いしながら源次が告げると、茂徳は優しい目をして源次に告げる。 「ばれちゃったか、次合う時に種明かしするつもりだったんだけどな」 残念そうに源次が告げると、その姿が光に包まれ、真っ白い球体に姿を変える。 「これが神様の姿か」 「この姿を見ても何とも思わないんだね、いつ僕が源次じゃないって気付いたんだい?」 茂徳の言葉に少し驚いたように告げる神様、その問いに、茂徳は笑みを浮かべながら答える。 「神様が人と同じ姿をしているだなんて、人の傲慢だろう? ゲンちゃんじゃないって気付いたのは、最初に少し違和感があったのさ、で魔法の練習の時に確信したんだよ」 「そうか、こんなに早く見破られるとはね」 少し自信を無くしたように神様が言えば、茂徳は笑顔を見せて告げる。 「なに、そこら辺の奴らなら簡単に騙されるから安心したらいい で、ゲンちゃんは今何をしているんだ?」 「源次は今神になるための修行中だ。茂徳が次に来る時には新人の神になっているだろう」
/214ページ

最初のコメントを投稿しよう!