AFTER

14/15
265人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ
「…葵が泣いてるとこ、久しぶりに見た。」 そう言って哲が俺の頭を優しく撫でる。 「……俺ももう、いい。」 「…え?」 こうして哲が頭を撫でてくれるんだったら。 もう、ガキでもなんでもいい。 なりふりなんてかまってらんないくらい、 「……哲……好き。」 哲が好きで、大好きで。 言葉なんかじゃ表せない。 「……なんでお前が先に言っちゃうんだよ。」 そう言って、哲からのキス。 冷たい体が、哲の熱い舌でどんどん温められていく。 いっぱい苦しくて、 いっぱい辛くて、 いっぱい泣かされた。 その分、いっぱい困らせてやりたいのに。 キスをする直前に小さく聞こえた言葉。 「……俺の方が好きだ」 そんなたった一言で、 このキスの後の俺は 今までで一番の幸せな顔を、哲に見せてしまうんだ、きっと。 END →あとがき
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!