卒業と旅立ち

11/21
9101人が本棚に入れています
本棚に追加
/1044ページ
愛美と亮が写真を撮っている最中こっちでは…… 晃「玲奈先輩」 名前呼ばれ玲奈は振り返った。そこには真剣な顔をしている晃がいた 玲奈「何?」 晃「ちょっといぃ?」 玲奈「うん」 玲奈はよく分からず取りあえず晃の後に着いていった 晃は校舎に入り無言で階段を上がっていった 玲奈(どうしたんだろ。なんか変だな) 玲奈「晃くん、何?今日いつもと違うよ」 晃「話しあるからさ」 玲奈「玲奈に?」 晃「うん」 そして屋上に着いた 晃「まずさ玲奈先輩、卒業おめでとうございます!」 パーン! 玲奈「え!?」 クラッカーを玲奈の前で鳴らした 晃「アハハ!面白い反応」 玲奈「こんな所でクラッカーなんて鳴らさないでよ」 そぉ言いながら玲奈は笑った 晃「……好きだよ」 玲奈「え?」 晃「玲奈先輩の事好き」 いきなりの晃からの真剣の告白に何も言えず固まってる玲奈 晃「そんなびっくりした?告白される事なんて玲奈先輩なら日常茶飯事じゃん」 玲奈「いや、いきなり言うから」 晃「最後だから本気で言いたかった。いつもふざけてたけどそれじゃあ意味ないって分かったんだ。俺結局恐かったんだと思う」 玲奈「何が?」 晃「今みたいに真剣に告白して真剣に玲奈先輩にふられる事が。だから毎回ふざけてた。うざかったでしょ?」 そう言って晃は笑った 晃「でも玲奈先輩に対する気持ちは本気。亮先輩が玲奈先輩を想うように俺も毎日想ってたよ」 真剣な晃くんの顔を見つめる玲奈 晃「玲奈先輩好きになれて本当良かったよ。今まで女遊びとか毎日してた女なんて全員一緒だし好きとかそんな感情誰に対してもなかった。最初は玲奈先輩もその中の一人だった。でも何でか知らないけど会うたび惹かれていったそして気が付いたら好きになってた。玲奈先輩には亮先輩いるって分かってたけど俺好きな人の幸せ願えない奴みたい。俺が幸せにするって思っちゃって。でも今からその考え終わり!」 そして晃くんは一回黙ってから玲奈に目を合わせ口を開いた 晃「玲奈先輩の幸せを願います。今日から玲奈先輩に対する想いを消します!前に進みたいから」 ニッコリ笑う晃。 自分も笑いたかった。でも玲奈の目からはすでに大粒の涙が溢れていた .
/1044ページ

最初のコメントを投稿しよう!