Ⅰ -1-

1/7
10962人が本棚に入れています
本棚に追加
/474ページ

Ⅰ -1-

日本での僕の名前は、霧島 岬。勿論、偽名だ。 その僕の今までの日常が“普通”ではないことに気付かされた(←つい最近、人に言われて初めて気が付いた。) そこで、僕はみんなに悪いけど、同年代の“普通”と言えるべき日常を送るため、姿をくらまし‥ 国のお偉いさん(←うるさい頑固ジジイ共ら+兄ズ)に見つからないよう完璧な変装をし… 僕の在住は英国だが、この前、私用で日本へ遊びに行ったときに、ふと、たまたま目に入った私立の小・中・高・大学院がエスカレーター制の、 ボンボンの金持ちが通うマンモス校。僕はこの学園に行ってみたいと思った。なにしろ、いろいろな設備の整った全寮制という待遇、近々家を出ようと思う今の僕にとって有り難い宿付きの男子校。 僕は決めた。そこで“普通”という日常を送ることを‥。そして、自分の人生を僕の好きなようにしようと…  国家機密情報機関特殊組織の責任者、室長という肩書きを捨て、僕は学園へと足を運んだ――…。 .
/474ページ

最初のコメントを投稿しよう!