第一部:その男、伝説に消えた者

1/258
/1265ページ

第一部:その男、伝説に消えた者

     prologue ‘ポリアンヌ’ これが、私の名前。 実家はね、御大層にも貴族で、ちょっと由緒があるの。 ま、世間で云うならば、‘お嬢様’ってとこね。 でも、色々と面倒が多くて、18歳で家出したの。 剣と魔法が謳歌するこの世界で、剣術を習ってたんだもの。 冒険遣らなくちゃ、お話になんないわよ・・・、ってね。 でも…。 でも、ね。 あの人・・・、Kとの出会いは、その時までの身勝手・気儘に生きてた私を変えた。 一度、たった一度の冒険で、冒険者と云う道の難しさや悲しさを、全て教えてくれた。  多分、私ね。 おばあちゃんになっても、忘れないわね。 Kのこと・・・。
/1265ページ

最初のコメントを投稿しよう!