ヴァイオリニストⅧ~vsアヤ

天才ヴァイオリニスト、指揮者デビュー!?

鈴 かおり

ヒューマンドラマ 完結 過激表現
8時間44分 (314,008文字)

3,258 4,216

あらすじ

~Ⅶまでの概要~ 天才の名を欲しいままにするヴァイオリニストのジム・ブラッキン。その演奏は世界中を魅了する。 そんな彼の弱点は“女”。 人並みか、人並み以上か、とにかくスケベに生まれついた彼は、

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 2

最近、シェンカーさんが 好きになりました。 紳士なのにジムに対しての 思いは暴走してて あれ?紳士なのか?って 思う時もしばしば(笑) そしてジムにどんどん 子供が増えていく。 しかも女の子ばかり。
ネタバレあり
プロフィールに小説家になりそこねたとあるが、鈴 かおりは実は別名で紙媒体を何冊も世に送り出しているれっきとした作家だ。売れっ子かも知れない。 『ヴァイオリニスト』シリーズはきっと企画上ボツになった

この作者の作品

もっと見る