退屈

13/29
1653人が本棚に入れています
本棚に追加
/1108ページ
 部屋に戻ると、片付けを終えたラークはソファに座り、ぼーっとテレビを見ていた。  ニュースもやっていないらしく、地域密着型のバラエティー番組だった。   「……面白いか?」    税金があーだ、夫の給料がこーだと愚痴る、主婦の電話相談コーナーだったので、ガルクは思わず尋ねる。   「全然」    ラークは心底興味なさそうに返事をする。   「他の見れば良いだろ?」   「他ぁ?」    ガルクが座りながら言うと、ラークが欠伸をしながら返す。   「時代劇にテレビショッピングに、訳の解らん映画とアニメだぞ?」   「興味ないってか?」   「ああ」    バサリと新聞を広げ、ガルクは、やれやれ、と呟く。   「あ~……それにしても暇だ」   「そうだな」    主婦の長い愚痴が流れ、ラークが欠伸をし、ガルクは黙って新聞を読む。   「あ」   「どうした?」    ガルクが突然声をあげ、ラークがゆっくり振り向く。   「そうだ、武器とか買いに行かないか?」   「ああ……そういやぁ、あの長衣も、もうそろそろ出来る頃だっけか?」
/1108ページ

最初のコメントを投稿しよう!