風雲道中

雲双書第二集。目まぐるしく変わる時の中でまさかの新撰組存続の危機!?

609 84

歴史・時代 休載中
49分 (28,875文字)

あらすじ

池田屋事変後、自身の存在を新撰組と近藤に認めて貰えた壱帷 同時に幕府に認められ頼られる様になった新撰組 沖田とも和解し、新撰組で緩やかな日々を送っていた が、しかし 「――失せものの相がある

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 1

いやー面白いです。 壱帷と沖田がどうなるのか、すごく気になりますね。 更新楽しみにしてます!

その他情報

公開日 2012/6/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る