3/7
624人が本棚に入れています
本棚に追加
/46ページ
「よろしくね」 「は?」 「……だって、千尋が」 「あぁ……こちらこそ」 蜜葉はにっこりと笑って、俺に言う。 「こっちに来てくれるんだって、千尋たち」 「え?」 俺が口を開けて聞き返すと、彼女はふっと笑う。 「ほら、彼氏さん車持ちだし。あたしたちの交通費とか考えてくれたみたい」 「……はぁ。……てか、年上なの?」 あれ?と蜜葉が首を傾げる。 「千尋の彼氏さん、学校の先生よ?」 「――――…………えぇッッ!?」 せ、 せ、 せ、 先生!? .
/46ページ

最初のコメントを投稿しよう!