冷たい女

16/17
100人が本棚に入れています
本棚に追加
/58ページ
話したとしても、 受け入れてくれるよね? 「ありがとう、愛。」 シーンは変わって、 彼氏とのデート中。 彼氏役は雄希君だ。 デート中に突然仕事 が入り、すぐに 行かなくては いけなくなった。 「お前、最近急用が 多くねぇか?もしかして、 他の男でもいるの?」 いつもの雄希君とは ぜんぜん違う人が 私の目の前にはいる。 「違うよ!!浬しか いないから。本当に 大事な用事なの。」 私はそういって 浬と分かれた。
/58ページ

最初のコメントを投稿しよう!