生きた証
全2/72エピソード・完結
3/119

検査の結果~入院~

待合室は、ずいぶん人が増えた。 呼ばれる迄の時間がやけに長く思える。 相変わらず足は、痛くてタマラナイ。 新しい包帯のニオイとイソジンのニオイが入り混じって変なニオイがする。 早く帰りたい…。 病院の独特のニオイが、私を不安定にさせる。 検査のせいで足が痛く、売店にも行けない。 ただただ、じっと座って名前を呼ばれるのを待つ。 どれくらい待っただろう…。 ずっと同じ姿勢で座っていて、そろそろオシリも痛くなってきた。 たまらず立ち上がると、グッドタイミングで名前を呼ばれた。 診察室へ入ると検査の時と違う先生が写真をジッと見てた。 アレ…?さっきのお兄ちゃん先生じゃないんだ…。 私を呼んだ先生は、小太りの中年のおじさん先生だった。 「そこへ座って。」 先生に促され椅子へ腰掛けて、説明を受ける。 「ちょっとねぇ、イマイチ何とも言えないんだよねぇ…。今のところ、原因不明としか言えないんだ…。」 そう言って、私の高校卒業後の事を聞いた。 それから、高校を卒業した春休みに入院して、専門学校の入学式迄に退院するようにすると言われ、ベッドが開き次第入院となった。
3/119

最初のコメントを投稿しよう!