第八章

9/14
293人が本棚に入れています
本棚に追加
/115ページ
縁那「何かしてあげたいけど……」 毎日、悲痛な表情をしている蜜音が頭に浮かぶ 縁那はもう見ているのが嫌になっていた、しかし 縁那「邪魔するなって言われてるからな……」 鎮女に邪魔をしないでね、と釘を刺されているため縁那は静観するしかない 縁那にとって母は、絶対的存在であり逆らうなどできない
/115ページ

最初のコメントを投稿しよう!