第五十九章…神の正体

1/83
14236人が本棚に入れています
本棚に追加
/1015ページ

第五十九章…神の正体

────間違った選択を選んだことなど一度もない。 それが彼の矜恃であり、事実、彼の生きざまそのものであった。 それは今も変わらない。 彼は今現在も“正しい”選択をし続けている。 ────歪んだ箱庭の中、彼はいつだって弱者に手をさしのべ続けた。 最早その数さえ思い出せないほどに。 例外なく、同情なく。 ただ善意でそれを続けてきた。 それが彼にとっての正しい行いであり、同時に自らを支える誇りでもあった。 その正しさがより強固なものになった契機(きっかけ)──── ある少女との出会いと別れが、彼の正義をより増大させた。 ────彼は助けた。 虐げられていた少女を──── ────少女は感謝した。 救いを与えてくれた少年に──── そこで終わっていればただの美談。 だが、そこで終わらなかったから現在(いま)の彼がいる。 ────救いに与えられた報酬は度しがたい裏切り。 彼が必死に手のひらに握りしめた(りそう)は、零れ落ちるどころか彼の身を強く蝕んだ。 それでも────それでもなお、彼は後悔しなかった。 消えようのない傷を負っても、自らの正しさを捨てることなく、むしろ誇りに思った。 彼が唯一後悔していることがあるとすれば、それは──── ゆらりと揺らぐ陽炎。 掴もうと試みても、ただただ空を切るばかり。 もう────喪えない。 その感情だけが、今の彼を突き動かす。 ────彼の視界には一人の少女。 守るためではなく、裁くため──── 彼はそっと刃に手をかけた。
/1015ページ

最初のコメントを投稿しよう!