その先にある真実

12/15
21800人が本棚に入れています
本棚に追加
/1088ページ
「な、ななな、なんなのこいつ!」 顔を引き攣らせ、少し後退する雛さん。 そりゃそうだ。 俺だって逃げ出したいさww 「今度はお前が相手かぁ!!かかってきやがれ!!」 雛さんを睨むと挑発するゲイ。 ……ん? ちょっと待てよ。 「来ないのなら、こちらから行くぞ!!」 「ま、待って下さい!彼女は味方です!!」 俺が叫ぶとゲイは一瞬動きを止め、俺の方へ振り返る。 「もしかして…俺を助けてくれようとしてました?w」 「そうよ!だから待てって言ったじゃない!んもう!」 意外wwwwww 予想できるかそんな展開wwwwwwだいたいお前は呪い効果で狂暴化して俺に殺意抱いてるんじゃねーのかよwwwwwww 「あの……俺が憎くないんですか?」 「憎い?…………そりゃ初めて貴方を見た時は凄い衝撃的で……私も混乱してたわ。だけどね……」 少し気まずそうに頭をかいたゲイは、言葉を続ける。
/1088ページ

最初のコメントを投稿しよう!