桃の木と桜

どこにでもいる様な、普通の高校生が、自分ではない自分を、もっとも責めた4日間

1 0

概要・あらすじ

作者: カンポス
恋愛 完結
3分 (1,725文字)
少し欠けた月に向かって泣く自分は、まるでかぐや姫の様だと、 涙を流し切って胸の中をすっかり空にしてしまいたい自分を、部屋の天井隅からクスッと笑っているもう一人の自分がいる。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2010/2/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る