腐女子

1/1
58人が本棚に入れています
本棚に追加
/127ページ

腐女子

夫「そうえいば、腐女子って、ポストと手紙でも萌えるらしいね」 妻「うん、私の高校時代、友達が、青と緑の縞の看板見て、萌えていたね」 夫「青×緑? なんで、その妖しいのは」 妻「ほら、サムライトルーパーのトウマとセイジを想像したそうだよ」 夫「ふ、古くて、凄く濃いネタだ。お前も萌えていたの」 妻「いや」 夫「そうだよな、お前ドリーマーだもんな」 妻「そうだし、私、好きなキャラ、朱天だったし」 夫「……そうか」 【後日談(というか、10分後くらい)】 妻「そういえば、シュウはあんまりそういう話なかったね」 夫「そりゃ、あの体と性格だし、幽白の桑原みたいなもんだね」  と、この会話で思い出しましたが、僕、桑原主役のコメディの脚本書いたことありましたね。  たしか関西方面のアフレコサークルの脚本募集を見て、送って、録音しましたとの手紙は来ましたが、現物は送られてこなかったような気が。  もう10年以上前の話ですけどね。  まあ、それはともかく、腐女子の奥さんを持つと大変です。
/127ページ

最初のコメントを投稿しよう!