強欲

13/15
38254人が本棚に入れています
本棚に追加
/1103ページ
「この際だから、言っておく。嫁だからとかで、気安く仕事中に何度も電話しないでくれ!上司と仕事の打ち合わせだってある。仲間内でコミュニケーションをとりに食事だって行く。出れない時は、そうだと思っておけ。緊急時以外、電話してくんなよ」 今までわりと甘やかしてきた俺が真剣な顔で、はっきりと言うと、納得したようで頷いた。 これだけきつく言っておけば、少しは、緩くなるだろう。 淡い期待をして、俺は、頭を撫でてから、バスルームに向かう。 そして――… 唯一、相性がよくても、柚莉亜に出来ないこと。 生の感覚を味わうこと。俺は、嫁に、それだけを求めていることに、シャワーを浴びながら、気付いてしまった。
/1103ページ

最初のコメントを投稿しよう!