『真姫』

78/82
107人が本棚に入れています
本棚に追加
/373ページ
誰もがこの天災で痛感した、自然の力。 そして改め、人は生きる事の大切さを知る。   命の脆さと、儚さ。   哀しみと苦しみ。   喜びと、幸せ。   深く、深く、胸に刻まれていく、心の傷と絆。   四日目の朝、雲の切れ間から差し込む光は、これからの北海道を照らすかの様に誰もが感じた。   眠りから覚めた様に、木々や草花は一斉に咲き誇り、乱れる。  
/373ページ

最初のコメントを投稿しよう!