8/11
262人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
土『おいッ!!万事屋!無事か!?おいッ!!』 銀時の肩を掴み揺さぶる土方 銀『…無事じゃ……』 ねェェェェェェェェ!!!!! 【バキッ!!】 土『ぐはッ!!!』 土方を思いっきり殴りとばす銀時 土『てめェェェェ!!!命の恩人に何しやがるんだ!!』 銀『なにが命の恩人だァァァ!!てめェ思いっきり突き飛ばしやがって!!壁にぶち当たったんですけど!!ちょ、頭割れたコレ。絶対割れてるよコレ』 銃弾が放たれた瞬間 土方は決死の想いで 銀時を突き飛ばしたのだ ギリギリのところで難を逃れた銀時だが 銃声と壁にぶつかった衝撃が重なり 銃弾が放たれたことに まったく気がついていなかった 土『知るかァァァァァァ!!!』 ギャァギャァと掴みかかる2人 ?『お話中申し訳ないんだけど…』 銀『てめェのせいで俺の頭が壊れたらどうするつもりだコラ』 土『大丈夫だ。てめェの頭は端からから修復不可能なくらい壊れてる』 銀『んだとてめェェェェ!!!』 ?『ちょ、聞けええええ!!!』 銀/土『あ゛ァ!?』 こちらに話しかける男 2人はその姿を見た途端 瞬時に体勢を整え それぞれ木刀と刀を構えた 男の手には拳銃 銀『誰だてめェは……』 ?『やっと気がついたか?そこの鬼副長さんに感謝した方がいいぜ。もうすこしで“コレ”に右腕を使い物にならなくさせられるところだったんだからな』 そう言って 拳銃を優しく撫でながらニヤリと笑う男 銀時は 先ほどまで自分が居た場所に残る 小さな焦げ後を見てハッとした 土『てめェは一体何者だ…!?』 長身でスラリとした体型の男 見覚えはない ?『俺は火影(ホカゲ)春雨第七師団幹部だ』 “春雨” その言葉に2人の瞳の色が より鋭さをます 銀『…春雨第七師団……だと!?』 こいつ… 木刀を握る手に力が入る †
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!