~呪屋~

28/34
1020人が本棚に入れています
本棚に追加
/222ページ
占竜は水晶玉を取り出し、魔納を()る… 「魔納… 心の奥にもがいている もう一人のお前が見える… 心が苦しいと叫んでいるぞ!」 「やっやめてぇ!」 「何を恐れている? もう、やめろ… 今ならやり直せる!」 「うっ… うるさいっ! そんな見え見えの言葉は聞き()きたんだよっ! 死ねっ! 占竜ぅ~!」 魔納が鈴を打ち鳴らすと 四凶に魔納の神靈力(しんれいりょく)すべてが注ぎ込まれ 神獣をなぎ倒す! 四凶は荒れ狂い、占竜に襲いかかる! 占竜が叫ぶ! 「馬鹿っ! そんなムチャをすれば!」 四凶が占竜に到達(とうたつ)する前に魔納は気を失った! 「ちぃ… 召喚したまま気を失うとはっ! まっ… マズいっ!」 四凶が動きを止めると魔納を(にら)んだ… 占竜が魔納のもとに走るっ! 魔納は気を失いピクリともしないっ! 「くっそぉ~! 間にあえ~!」 占竜は鞄から竹筒(たけづつ)をだすと片手であけた! 飯綱(いずな)が 魔納のピンチを(さと)り四凶に立ち向かう! しかし、力の差は歴然(れきぜん)飯綱(いずな)は一撃で吹き飛ばされた!
/222ページ

最初のコメントを投稿しよう!