‐1章‐

3/3
1185人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ
(?) 「ニヤニヤしながら歩いているけど、なにか良いことでも?」 振り返ると、咲沢 涼夜(サキザワ リョウヤ)が綺麗な髪をかきあげながら、悠々自適に歩いてきた。 (登) 「朝の日の出より眩しい奴だな…。その恵まれた容姿を授かった事を親に感謝した方が良い」 (涼夜) 「容姿に関しては、登のほうが良いんじゃないかな?」 (登) 「人を持ち上げるのらしくないな…冗談でも嬉しいよ。ありがと」 (涼夜) 「登…少しデレたね?そういうとこ、もっと沢山出せば良いのに…」 容姿も良く、世渡り上手そうな涼夜と自分が友達なのかは… ん?.... 曲がり角付近から、女の子が小走りでこちらに向かってきた。 …待ち伏せしていたようだ…。 (西門高校の女子) 「…おはよう!咲沢くん!あ!…荒城くんまで!」 『まで』の意味は良い意味であって欲しい…。 (涼夜) 「おはよう 名も無き女の子 永遠に話しかけないでね」 と涼夜は冷ややか笑みで挨拶をした。 女の子は固り、立ったまま失神してしまった…。って…泡吹いてるな…大丈夫か? 涼夜は、悪気はないのだが発言に少し棘があり、女子の間で「雹」ように鋭い発言と「氷柱」のように綺麗であるが近寄りがたいというが事から通称「アイス王子」 氷のように固まっている女の子を見つめた。 この子が遅刻して、校門前で正座させられていたら、自分が原因ではないにしろ…心が痛むな…。 涼夜は日常茶飯事で気にしていないようだが… 俺と涼夜は、その子を後にして学校に向かう。 _
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!