再会

7/10
320人が本棚に入れています
本棚に追加
/113ページ
怜也side 「偶然会っただけだよ。俺は何もしてない。」 父さんの言葉は信じられなかった。 「話があるので、ちょっと良いですか?…愛智、もうちょっと我慢できるか?」 俺は顔色の悪い愛智に優しく聞いた。微笑んで愛智は頷いた。 俺は立ち上がろうとした愛智を抱き上げて、近くのカフェに入った。いつもは嫌がる愛智だが、嫌がる元気もないみたいだ。 父さんも後ろからついてきた。 「本当に愛智に何もしなかったんですか?」 俺の問いに父さんは頷いた。 「パパの言ってることは…本当だよ…コホッコホッ…。」 愛智の頬はほんのり赤い。額に触れると熱かった。 「熱があるじゃないか。何でもっと早くに言わないんだよ。」 俺の問いに愛智は平気だといった。
/113ページ

最初のコメントを投稿しよう!