太陽の休日

1/1
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/275

太陽の休日

手が届きそうな夕日が しっかり すっかり 街を覆ってく   どうしてこんなに寂しげな カラーを選んで しまったのかな   一生のうちに やり遂げてみたいこと あるだろと 問う前に 家路へ降りてゆく   柔らかな綿 まとわせながら 明日への支度を始めてる   これから夕食 それから入浴 読書灯を点けて眠って…   途切れぬように 破れぬように 甘い誘惑に負けぬように   あなたは 明日から三日間 ひさしぶりの休日ですね     誰も知らない 捜さない   誰も何にも 知らなくていい
/275

最初のコメントを投稿しよう!