イロドリハルカ

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/170

イロドリハルカ

 あなたの手をはなれて  知らない街で  ひとり、生きてゆく    外は私のことを  まるで試してるかのような  顔つき      〝朝のバスの学生達   あくび、夢に帰る〟       いつもとは   これっぽっちも変わらない   朝が また駆け出す     まぶたには   いとしい あなたの顔   かなしい横顔         今は まだ刹那さが   ドラムに乗って   届けられる曲     涙を堪(こら)えながら   くちびる噛んだ   最後のターミナル      〝夏になれば   純白──制服   恋と夢に、染まる〟      いつも様(よう)  適宜、似させてくれた  朝は すぐ縮まり    まぶたへと  霞(かす)み散るシーズン  まばゆい閃光(せんこう)  :  :  :  告げ口したくなるような  低く だらしない空  あなたも きっとどこかで  肩、つかまれてるでしょう    お互いが  すれ違う瞬間には 雨  地面にその柄を落とすたび  真新しい息吹        いつもより 長く停滞してる  朝は 彩り遥か    まぶたには  いとしい あなたの顔  かなしい横顔
/170

最初のコメントを投稿しよう!