エピソード15

5/20
21369人が本棚に入れています
本棚に追加
/505ページ
唇に触れた瞬間、力強く口内に侵入してくる舌。 激しく動きまわり私の身体の力を奪っていく。 身体に電気が走ったような感覚を何度も感じる。 同時に襲ってくる息苦しさ。 私の口から自分の意思とは関係なく甘い声が漏れる。 その恥ずかしさから逃れようとしても蓮さんの腕がそれを許してくれない。 私の舌に触れると絡まるように動く。 甘く痺れるような感覚に私は支配されていく。 私は蓮さんの胸辺りのTシャツを掴んでいるのが精一杯だった。 私の背中を撫でていた蓮さんの手が、Tシャツの中に入ってきた。
/505ページ

最初のコメントを投稿しよう!