風邪引きさん

2/6
634人が本棚に入れています
本棚に追加
/29ページ
生まれて初めて、風邪を引いてしまった。 ・・・何だってこんな真夏に風邪なんか。夏風邪は馬鹿しかひかないって話、あたしは軽く信じてた。 当然、あたしは天才だから(←をい)ひくはずないと思っていた。のに。ひいちゃった・・・; 「あたしって馬鹿なのかしら;」 だとしたらめちゃ悲しーわね;でも。あたし考えてみたら最近テストの点数下がって来ちゃったのよね・・・つまり。つまり、よ? 馬鹿になったって事かしら・・・? 「あぅ゙・・・ぐるびぃ・・・」 あたしは色んな事を考えすぎたもんだから頭がぐらぐら。もーダメ。死ぬるっ!!←※ただの夏風邪です。 --ピンポーーン・・・-- あ・・・だ、誰か来てくれたみたい・・・助かった。 とにかく何か食べるものを作らせよう・・・栄養取らないと・・・更に風邪を拗らせちゃうわ。 「だれ゙・・・?」 どたどたどたどたどた!!! う。なんだかとてつもなく嫌ぁな予感がしてきたわ・・・!!! 「ミオさんっ!!!!」 「ぐ、ぐれんっっ・・・;」 扉を横に真っ二つに割って現れたのは(自称)あたしの彼氏のグレンだった。 な、なんか切羽詰まってる顔してるよ、をひ。 「あ、あぁぁあ!どうしましょう!と、とりあえず何をすれば良いでしょうか!?」 なら。 取り敢えずおちつけ。 「こ、凍り枕にアイスノンにお薬を・・・」 「ま、まずお粥でも作って・・・栄養取らぜでよ゙・・」 「はい!!;待っていてくださいっ!」 ・・・・大丈夫かしら・・・ なんだかあそこまで慌てているグレンを見るの初めてかも・・・可愛い/// しばらくして、土鍋を持ったグレンが部屋に戻ってきた。 「ミオさんっ、出来ましたよ♪♪」 「あ、ありがと」 ちょこんとグレンはあたしのベットの横に正座をする 「起きれますか?」 「ん。何とか」 あたしはゆっくり起き上がる グレンはその間ずっと心配そうにあたしを見ていてくれた。恥ずかしいよ// ・
/29ページ

最初のコメントを投稿しよう!