記憶と絆のウロボロス

幼い頃の、ほんの短い間。それが、どんなに大切な記憶だっただろうか…。

1 0

概要・あらすじ

作者: 黒鷹●
SF 休載中
4分 (2,399文字)
三年ほど前に書き始め、序盤で手が止まっていました。何故か黒歴史にもならず、この機会にもしかしたら再燃するかも知れない。そう思って、再び筆(?)を取りました。 厨臭いかも知れません。でもこの作品はそれが

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2010/7/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る