誘いと頼み

5/21
4451人が本棚に入れています
本棚に追加
/251ページ
途中からあからさまに慌てている。 レミの額には冷汗が垂れていた。 (わかりやすいな……。 いや、隠すつもりがないと言っても過言じゃないな) 俺は無表情で彼女を見ている。 (…バレちゃいました? いいえ、バレてなんかいません。 きっと。たぶん!) レミはそう自分に言い聞かせる。 そして、自分を落ち着かせるように深呼吸した。 まぁ、その行動がバレる要因の一つでもあるのだが…。 「と、とにかく帰りましょう! 学内寮へ!」 なおも、レミは慌てていた。 (………) レミの行動の真意は気になるが、今はどうでもよかった。 俺は、やはり、エルのことが心配だ。 ふと、見てみても、元気は薄い。 彼女は今も、ほとんど会話に入ってきてはいない。 先程の沈黙の時よりかは少し笑顔を見せていた時もあったが、ぎこちない。 (エル……。 いったい、何を隠してるんだ?) 俺の心は届かない。 俺達は、レミが交ざったことで、少し活気を取り戻し、再び学内寮への帰路を進んだ。
/251ページ

最初のコメントを投稿しよう!