4、仕事と仲間とこれからと…

55/66
1952人が本棚に入れています
本棚に追加
/216ページ
仕切直しとレウロは再び距離をとり構える 「今の攻撃は突きが良かったなシーラ」 確かに今の場面は突きかもしれない シーラは………そう、と呟き少しムッとした表情を見せる キュンッ またエルが矢を放つ レウロはこれを木刀で弾く真ん中を折られた矢は不規則な軌道を描き落下する 俺は刀を下段に構える 次の作戦の準備だ アキとシーラがレウロにゆっくり接近し、息を合わせて同時に攻撃する 俺はすぐさまレウロとシーラの間に身体を捩込み、鍔ぜり合いをするレウロの武器を全力で薙ぎ払った レウロの木刀は攻撃までの速度が速いし手数も多い、なにせ木刀を二本装備しているからな 片手で持っているっつー事は両手で持つより握力が強くない 速度を削いだうえで、全力の攻撃を木刀に当てれば 木刀を弾くことができる 弾けないまでも手にダメージが通る、すなわち手数と威力が減るだろう 成功すれば有利に事が進むだろう 金属と木がぶつかる音が響く 、
/216ページ

最初のコメントを投稿しよう!