高倉健

16/16
1433人が本棚に入れています
本棚に追加
/464ページ
2012年8月18日、『あなたへ』のプロモーションで『SmaSTATION!!』(テレビ朝日)に出演。15年ぶりのテレビ番組へのゲスト出演で、人生初の生放送となった[50][注釈 16]。9月8日、『プロフェッショナル 仕事の流儀 高倉健スペシャル』と、9月10日『プロフェッショナル 仕事の流儀 高倉健インタビュースペシャル』(NHK)では『あなたへ』の撮影現場への長期密着取材に応じ、俳優生活56年にして初めて自身のプライベートに関する事や本音、俳優としての信条などの一部を明らかにしている。 『オレたちひょうきん族』に出演したかったらしく、ビートたけしに「僕にもひょうきん族出演の機会をください」と署名した写真を渡したことがあるが、それを聞いた高田文夫は、(あくまでシャレで)「『タケちゃんマン』に弟子の“ケンちゃんマン”を出そう」と提案している。 理想の俳優はジャン・ギャバンで、決して大仰でない抑えた芝居に徹しながら(ジャン・ギャバンが演じている、という)存在感があり、それでいながら神父からギャングに至るまで、どんな役柄を演じても似合う(作品の中で破綻をきたさない)「ああいう芝居を目指したい」という。「でも、役者の理想と実生活の理想は別だよね。ジャン・ギャバンって実生活は本当に不幸な、寂しい人生だったし……」とし、実生活での理想は、前妻シモーヌ・シニョレと死別後、1987年、38歳年下の秘書と結婚し、1988年、65歳にして長男を儲けたイヴ・モンタンを挙げ、「いいよねぇ。フランスの奴、みんな憧れてるよ」と語っている[26]。 感銘を受けた映画は『ゴッドファーザー』(1972年)、『ディア・ハンター』(1978年)だという[26]。特に『ディア・ハンター』では、主演俳優で親交のあるロバート・デ・ニーロが「あんな芝居はもう二度とできない」と語っていた事も含め、非常に大きな衝撃を受けた、と語っている。 1972年、東映の先輩である萬屋錦之介の勧めで神奈川県の鎌倉霊園に生前墓を建立している。この墓所内には上述にある、「この世に生を受けなかった我が子」のために、水子地蔵も建てられている。
/464ページ

最初のコメントを投稿しよう!