君は何時でも、初めての顔をする。

1/2
22人が本棚に入れています
本棚に追加
/86ページ

君は何時でも、初めての顔をする。

『君は何時でも、初めての顔をする。』 だから、僕は キミに会う度、キミに恋をする。 キミの記憶の中に僕は存在しない。 キミの心は僕のモノじゃない。 キミの心はまっさらで、誰のモノでもない。 ただ身体だけが 僕を記憶しているんだ。 キミの指が感触を覚えている。 キミの耳に声が残っている。 キミの眼差しに影が映っている。 キミが僕の事、 忘れてしまったってかまわない。 キミの唇が、僕を知っているから。 だから、僕は何度でも キミに会う度、キミと恋に落ちる。 微かな痕跡を残す為に。 またキミと出会った時、 キミが僕を覚えていられるように。 for S
/86ページ

最初のコメントを投稿しよう!