最初って大事だよね

6/9
4033人が本棚に入れています
本棚に追加
/202ページ
どうも、九条雅(クジョウ ミヤビ)です。ちなみに偽名だが、そんなことは置いといて。 俺は今、星藍学園の前で突っ立っている。何故? でかい。 その一言に尽きる門が俺の目の前に立ちはだかっているからさ。 何?何でこれこんなでかいの。 つーか… 「どう入れと?」 飛び越えるか?飛び越えればいいのか? …仕方ないな。 門から数歩下がってジャンプ。 案外簡単に飛び越えられた。 大丈夫かこの学園。 あぁ…ていうか誰か案内人寄こすんじゃなかったのかよ火楠(カナン)・・・。 あ、火楠は俺の叔父。 この学園の理事長をやっている…らしい。 まぁ、俺はその火楠に無理矢理この学園に入れられた。無理矢理(大事なことなので2回言いました)。 アイツに会ったら一発殴らないとな…フフフッ。 そんなことを考えていると誰かが俺のほうに歩いてきた。 …誰だ?
/202ページ

最初のコメントを投稿しよう!