- 篁物語 -

1/1
680人が本棚に入れています
本棚に追加
/200ページ

- 篁物語 -

小野篁(おののたかむら) 嵯峨天皇の頃から仁明天皇の頃にかけて宮廷にいた人物で、官人であった。 菅原道真(すがわらのみちざね)、紀長谷雄(きのはせお)より時代を遡った文人である。 その文才は、その時代では並ぶものなしと言われていた。 肌の色は白く、眉目秀麗だが、無口でまったく笑うことはなかった。 必要なこと以外はまったく口にしない。 他人から見たら、この世のものなど興味ないように見えた。 だから、一つの欠点といえば人付き合いである。 だが、付き合いは悪くても誰も篁の悪口をいう者はいなかった。 なぜなら、篁は褒められてもそれを自慢したりはしなかった。 ただ、淡く微笑する。 それが、宮中の者が好もしく思い惹かれていった。 そんな彼には奇妙な噂があった。 『身は朝廷に仕え、魂は冥途に通ぜり』と──。
/200ページ

最初のコメントを投稿しよう!