-2-

7/8
174297人が本棚に入れています
本棚に追加
/39ページ
「常駐はしてない分、こういう、問題が起きたときに力を発揮しないとね。 一応、そういう契約だから」  問題…。契約…。  なんだか、万優架の事をバカにされたような気がして、わたしは制服のスカートの裾をきゅっと握りしめた。 「ところで…。あなたたち。…もしかして、つき合ってるの?」 「えっ…」  フジコ先生の探るような目に、板東先輩が慌てて首を横に振る。 「いや、…まだ…そういうんじゃなくて…」 「まだ?」 「いや…その…」  先生は薄く笑顔を浮かべると、ふうん、とわたしと先輩を見比べた。  わたしの中の黒い渦が、一気に吹きあがるのを感じた。  それは、全てを巻きこんで、竜巻のようにねじれ、私の口から飛び出した。 「つき合ってます。先輩と、わたし」 「えええっ!!!」  驚きの声を上げたのは、先輩だった。  フジコ先生は、それでも薄く笑った表情を崩さない。
/39ページ

最初のコメントを投稿しよう!