始まり

2/5
1186人が本棚に入れています
本棚に追加
/339ページ
爽やかな春風が青髪の少女の頬を触れる それがくすぐったかったのか、少女は目を覚ます それとほぼ同時に 若い女性の声が響く 「ルナ~!!」 「ハーイ!!」 少女の名は[ルナ.リバニア] [寒冷の園]というギルドに入っており、[ルディアノ]でたった1人のZランク所持者 「よしっ!!」 そう呟くと、少女は階段をかけおり、先程の女性の元へと行った 「おはよー、ステラ♪」 その女性は[ステラ.リバニア] 綺麗な赤髪で漆黒の瞳を持つ。 実は[寒冷の園]のギルドマスター ギルドマスターとは、そのギルドを治める統治者のような者 「ルナ、ご飯を食べたらギルドに行ってくるんだろ?」 「うん、何で?」 ルナはご飯を物凄いスピードで食べると、目の前に手をかざしながら聞いた 「今日は話したい事があるから、昼には帰ってきて欲しい」 「ふぅん…わかった」 ルナは手をかざしたところに手を入れて、漆黒のローブを手にした これを収納魔具という ルナはローブを羽織ると 詠唱破棄で転移した
/339ページ

最初のコメントを投稿しよう!