猫、ときどき、ミルクティー

僕はこの感触を一生、忘れられないような気がした

白まんま

青春 完結
51分 (30,502文字)

137 3,291

あらすじ

高校のころ、足繁く通った喫茶店が、突然閉店することになった。 店には、風変わりなマスターと明るいママさん、そして看板猫のトラちゃんがいる。 取るに足らない思い出もある。 大切な場所 大切

シリーズタグ

感想・レビュー 1

おいしく炊けたご飯て そのままでイケるよね。 そんな小説でした。 最後の鈴の音をききながら・・・ ヤバイ・・・ ジーンと。 B.G.M.は… さくら♪森山直太郎!!! (と勝手に心の中で鳴
9件2件

この作者の作品