いま

30/34
2577人が本棚に入れています
本棚に追加
/341ページ
直感で、こいつも被害者なんだ。苦労したんだと解るくらいになっていた。 一つ一つ聞きたい事はたくさんあった。 言いたい事もたくさんあった。 「悪い…俺は麻衣が一方的に暴力を受けてるってのを真に受けちゃって」 「いや、僕も手を挙げたのは事実なんですが、彼女の生活態度を見るに見兼ねてのことだったんです」 2代目が休みの時は、決まってどこかに泊まりに行っていたらしい。 「なあ知ってるか?なんか新しい男できてそっちに行ったみたいだぞ」 「やっぱり…。絶対違うと言い張ってたんですが…」 2代目もやっぱり麻衣を信じていた。
/341ページ

最初のコメントを投稿しよう!