013

8/26
5613人が本棚に入れています
本棚に追加
/667ページ
『万が一未流の返事で幕が開いたとしても、未流には何の罪もない。それを実行するように段取りしたのは全て天音ゆうだから』 「充さんの言うことは分かるけど、事はそう簡単じゃないと思うの」 未流はそういうと黙り込む。 『未流には俺がついてる。心配するな』 どうしてなのだろう。充の言葉から僅かに実感が失われている。未流はそう感じた。 人は会わないと互いの愛をも信じられなくなるのだろうか。 いいや違う。天音ゆうからのメールが未流の心をかき乱しているだけ。未流は自分自身にそう言い聞かせた。 .
/667ページ

最初のコメントを投稿しよう!