18

11/34
2823人が本棚に入れています
本棚に追加
/395ページ
「なんで真由美さんが翼のお母さんだって教えてくれなかったのよ!?」 「……それか」 手で顔を覆い、長いため息をついた。 杏さんに聞いたのはこれ。 『……それは確かに感じるけど、そうじゃなくて』 「え?」 『だから、未来のお義母さんに会って緊張した?』 杏さんの言っていることが理解出来なくて、やっと頭が働きだした。 「えーっ!!」 私のリアクションに電話越しにため息をつかれたのが分かった。 『……知らなかったの? 私はそれも含めて会わせたと思ったんだけど』 今、この瞬間に知った事実。 『まぁ、気にしてないと思うけどね』 道理で、自己紹介の時に"師匠でもある"って言ったんだ。 翼を優しく見る目。 同業者でもあるけど息子だ。 大事に決まっている。 杏さんは翼のお兄さんの妻。 身内だ。 「結華チャン、真由美さんに謝り倒してたわよ」 「……連れて行ったのか?」 「いけない?」 「結華」 冷静さを取り戻し、私の手を握った。 「母親だと黙っていたのは悪かった。ただ、あの日は『師匠』として俺の尊敬する人として会ってもらいたかった。親子としても仕事上は上司だからな」
/395ページ

最初のコメントを投稿しよう!