新しい朝

1/26
55341人が本棚に入れています
本棚に追加
/1021

新しい朝

シルファは、心地良い朝陽の中で目覚めた。 ここまで穏やかに眠ることができたのは、もうどれぐらいぶりだろう。 だが、目覚めた次の瞬間には、弟のことが思いだされて、酷く胸が痛んだ。 クローゼットを開けると、今まで見たことも無いような綺麗な服がいくつもかかっていた。 今着ているのは、昨夜風呂で着替えた、淡いブルーのシンプルなワンピースだ。 特に飾りなどは付いていないが、生地は上等なものだと、すぐにわかる。 シルファは、並ぶ服を眺めながら、どうしていいのか分からずにいた。 本当に、全て自分の物にしても良いのだろうか? 以前の持ち主はもういないと言う。 では、その人はなぜいなくなったのだろう? 戻ってくることは、無いのだろうか?
/1021

最初のコメントを投稿しよう!