黒猫と白い男

1/17
55316人が本棚に入れています
本棚に追加
/1021

黒猫と白い男

「本当に、こっちでいいの…?」 ルースに言われた方向に真っ直ぐ歩いて、数十分。 街などどこにも見当たらない。 それどころか、どんどん山奥に入っているような気がしてならない。 不安になったシルファは、立ち止まって辺りを見回した。 …が、周りには木だけだ。 「・・・。」 なんか、怖くなってきた…。 このまま道に迷って、帰ることすらできなくなったらどうしよう・・・。 「どうした?シルファ。こっちだぜ?」 不意に聞き覚えのある声が肩に乗ってきた。
/1021

最初のコメントを投稿しよう!