第三章・―アルカードの提案―

17/31
827人が本棚に入れています
本棚に追加
/233
 そうして最早他人事の如くお腹を抱えて笑い出す始末で、それを見たティリスが少しばかり、引きつった笑みを見せるのにも構っていない。  そんなのどかな光景が繰り広げられている室内に、タイミング良くと言って良いのかどうか、とにかく渇いたノックの音が響いた。  これ幸いとばかりにその音に反応して、彼が会話で空気が気まずくなったのを濁すため、先に声をかける。 「どうぞ」 「あ、……あの」  ドアを薄く開いて顔を覗かせたのは、噂の的であるシリルだった。  シリルはおどおどとした表情をしながら半身を割り込ませると、そのまま遠慮深く中へと入ってくる。  そうして居心地が悪いようにして、小さく息を吐いた。 「あの」  だが、シリルは部屋にいる彼らを見比べて何か言い辛くなってしまったのだろう。  そう呟いただけでそれ以上何かを言う事もせず、黙り込んでしまう。
/233

最初のコメントを投稿しよう!