日常崩壊ワロエナイ

10/13
2438人が本棚に入れています
本棚に追加
/172ページ
再びポーチの中をさぐる少女。 そして取り出された謎の機械。 さっきの通信機らしき機械とは、また別の物みたいだけど… 「さぁ…飛ぶわよ」 「飛ぶ?」 その機械を掌に乗せ、それをオレに差し出してくる。 「何?くれるの?別にいらねーけどwww」 「アンタみたいなクズにこんな代物をあげるわけないでしょ?」 クズwwwヒドスwwwテラヒドスwww 「これに触れるのよ。指1本でもいい、とにかく触れなさい」 すこしイラついた口調で、その謎の機械をズイッとオレに差し出してくる少女。 触れるだけでいいのか? そう思いながら、オレは目の前に突き付けられた機械を眺めてみるが… 何だこれは? ただの黒いボールじゃねーか。 大きさはピンポン玉か、それより少し小さいくらいで、4つの小さな赤い電球がチカチカと点滅している。 こんなもん百均いけば買えるしwww そう思っていた時期がオレにもありました… 「触れるだけでいいんだな?ほれ」 オレは特に何も考えず、軽い気持ちでそれに触れてやった。 それがまさかあんな事になるなんて… 「じゃあ…瞬間転送装置、起動」 彼女がそう呟いた瞬間、その機械から青白い光が放たれ、またたくまにオレと少女はその光に包み込まれた。 そして次の瞬間 バシュッ…! オレの視界が真っ白に染まった…
/172ページ

最初のコメントを投稿しよう!