翔の異変

36/36
2101人が本棚に入れています
本棚に追加
/598ページ
俺は腕に力をいれ、伊吹から離れる。 「翔…?」 「伊吹…しよっか…」 「…え?」 俺は伊吹に一度背を向け、そのまま上着を脱ぎ、ベット下に捨てる。 「翔…何急に…」 「いや…ただ俺がしたいだけ…勿論今回は俺がした…」 俺はいまいち状況を理解していない伊吹のほうを向き、 かけていたメガネをとり、サイドテーブルに置く。 その行為に、伊吹の顔が変わる。 「…翔…本気?」 「んー、本気…」 硬い声の伊吹に対し、俺はそのままベットに仰向けに寝て 天井をみる。 「何で…急に…」 「出来るときにしときたいじゃん…」 俺のその言葉の真意が分かったのか伊吹の眉間に皺が寄る。 そんな伊吹に俺は微笑む。 「そんな怖い顔すんなよ… 俺もなんとなく分かってるんだよね… 今まで逃げてただけ…」 「なんで急に… まだ…まだ逃げてていいじゃないか! なんで今…!」 本当に泣きそうな伊吹に俺は体を起こし、伊吹の顔を両手で包む。 「簡単に言えばさ…もうお前にそんな顔してもらいたくないんだ・・・」 「…それは…っ!?」 俺は喋る伊吹を黙らせるため、触れるだけのキスをする。 「もうお喋りはいいだろ?」 俺は上目目線で伊吹を見る。 「早く俺を愛せよ? 俺はもうすぐ…っん…」 俺はもうすぐ…俺じゃなくなる… その言葉は伊吹の熱いキスで止められた。 俺たちはそのままベットに沈む。 ・
/598ページ

最初のコメントを投稿しよう!