お前は俺にとって……暖かなお天道様だ。できることならずっと……影を照らしてくれ。

*庵*

5時間30分 (197,961文字)

2,964 2,907

あらすじ

芹沢鴨の腰巾着 壬生浪士組局長 新見錦 とある出会いは彼の心に光を差し込め、動乱の流れに色を与えてくれた……。 『人の噂ってさぁ、面白いぐらいにアテになんない!! 夜中に通りを歩くと

シリーズタグ

感想・レビュー 10

すっごく良かった。 史実でも謎の多い新見さんですけど、この作品の新見さんはとても人情味の溢れる生き生きとした人でした。 悪役に描かれることの多い芹沢一派ですが、私はそんな彼らのことが嫌いではなかったの
とても感動しました! もう、涙がとまりませんでしたっ(>_<) これからも応援しています♪
ついつい一気に読んでしまい、読み終わってからは涙が止まりません……!新見さんはもともとあまり好きではなかったのに庵さんの手にかかればこんなに素敵な人に!終わり方まで私好みで、そこにも感動してしまいまし
1件
もっと見る